エアコンを設置するときに確認しなければいけないこと

物件の下見などをするときに、意外に見落としがちなのがエアコンの設置場所です。
しっかり確認しないまま、いざ設置するときになってできない事が判明、費用が予想以上にかかってしまう、などの問題が発生することがあります。
下見をするときに確認したほうがよい点をあげたいと思います。
元々エアコンがない2階の部屋に取り付けたいと思ったら室外機を設置できるベランダや場所などがあるかどうかを確認します。
もし、2階にそのような場所がなければ、1Fに室外機を置かなければいけませんので殆どの場合料金が上がります。
また、窓に固定できる室外機が必要のないタイプのものもありますが、数は少なく、窓に合うサイズを探すのも大変です。
壁や天井に埋め込んであるタイプのも注意が必要です。
エアコンは家電製品ですので時間の経過により修理に必要な部品の在庫がなくなっていきます。
その場合別の新しい物を購入することになりますが、全く同じサイズを探すことは困難です。

エアコンを設置する際に注意しなければならないポイント

エアコンは通常、外壁内部に室内機を、その外に室外機をセットし、冷媒管用のスリーブを通して、それらを接続します。
エアコンには、熱の交換を行うために室内機と室外機を結ぶ冷媒管だけではなく、エアコンから出る結露水、いわゆるドレン排水を排出するためのドレン管も必要で、合計2本の配管が必要になります。
この配管は、将来の機器交換時に、冷媒管の再利用が出来ないと、壁を壊さなければならないこともあるため、通常は露出で配管しておく必要があります。
さらに、室外機は外壁付近に設置するのが困難な場合であっても、出来る限り冷媒管の距離が長くならない位置にしておくことも大切になります。
どうしても室内機と室外機を離れた位置に設置しなければならない場合には、必ず冷媒管の長さと最大高低差を、その機器が許容する数値以内にしておかなければなりません。
また室外機は、その排熱や騒音などによって、近隣からのクレームになりやすいため、周囲の状況を考慮した上で設置することが大切です。

注目サイト


熊本の注文住宅メーカー


Last update:2022/8/8

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>